活動報告

後半戦

 さぁ皆さん、今日から統一地方選挙の後半戦が始まります。私ども日本共産党は、私を含めて5市11町1村に33名の候補者を擁立してこの選挙戦に臨みます。前半戦に連動する自治体はもちろんの事、それ以外でも引き続くお力添えを日本共産党へと寄せていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 まずは、今日、17日からは市会議員選挙が。そして、19日の火曜日からは、我々町村会議員選挙が告示になります。共に来週の日曜日、24日が投票日です。各候補者の地域割一覧表を当ウエヴサイト(http://www.k-shiba.jp/activity_contents200.html)にもアップしていますので、是非、お知り合いへ声をかけて頂いて、広げて頂きますようによろしくお願いします。

 私は、川西町政を一歩でも二歩でも前へ進めるべく、住民の声が直に活かされるように、誰もが気軽に参加の出来る、町長らとの『町づくり懇談会』の開催を提唱し、この間、町長とも議論を重ねてきています。今のところ町長としては、住民との直接の意見交換の場を設ける考えは無いようでして、ワンクッション置いて、我々議員や自治会長等々の団体を代表する面々との意見交換ならばとの思いが強いようです。この取り組み、川西民報等で皆さんに伝えると、結構、こうした機会を望んでおられる声が寄せられています。川西町の規模からして、この取り組み決して無理な話では有りませんし、町づくりの基本は住民の声に耳を傾ける事から始まります。そのためにも、是非、この手の取り組みを進めていくように頑張ります。また、住民の皆さんの提案が町の取り組みをより良い物にしていく事につながるような、「役場の取り組み出張講座」の開催も是非とも取り組むように、提唱しています。その実現に向け、どうぞ、ご一緒に声を上げて行こうではありませんか。
 バス路線が廃止になって以来、その必要性を切望する声は止みません。住民の移動手段を確保し利便性の向上に向けては、町長等も何とか策を講じねばとの事では、意見は一致してきています。
 提案しているデマンドタクシーとは、町内に予約制の乗り合いタクシーを導入し、バス並みの料金でタクシーのように、行きたい所へ自由に移動できるシステムです。実現目指してご一緒に力を合わせて参りましょう。
 中学校卒業までに対象年齢が引きあがった医療費助成に通院も含める事や、任意ワクチン接種助成に高齢者の肺炎球菌ワクチンも組み込む事。また、子どもの予防接種の対応として、集団接種に加えて個別接種もできるように、子どもと高齢者にやさしい川西町へと頑張ります。
 こうした、皆さんの声に耳を傾け、住民の意に添い願いに応える身近で役立つ川西町政を、どうぞ、ご一緒に築いて参りましょう。今後とも大きなご支持・ご支援、より一層のお力添えをお寄せ頂きまますよう重ねてお願い申しげます。









ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
 

川西町議会議員
芝 和也