活動報告

臨時議会

 ゴールデンウイークは如何お過ごしでしたか。今年は最長で十一連休と言う事でしたが、世の中でどのくらいの人が該当しはったんでしょうね。皆さんは、どうでしたか。
 私は、特に出かける事は無く、選挙の報告とご挨拶に回らせていただきました。住民参加の町づくりに向けた、町長等との住民懇談会や、バス並みの料金でタクシーのように町内を自由に行き来の出来るデマンド交通システムの立ち上げを望む大くの声を改めてお伺いしましたし、原発問題への関心が相当高まっている事も改めて実感した次第です。とにかく、原子力にいつまでも依存をするのとちごて、太陽光などの自然エネルギーを取り入れて、原発にとってかわる新たなエネルギー源へ順次切り替えていかんとあかんと言う事を、多くの皆さんが共通して感じ、考えてはる事が良く分かった今年のゴールデンウイークでした。

まぁ、これは私の連休の話ですが、皆さんはどうでしたか。存分に謳歌されましたか。このゴールデンウイークもそうですが、盆休みや正月休みなど、日本では固まった休みが集中してやってきますから、それをうまく消化するにも工夫のいるところですし、かつ、先立つものが無いと有効に使おうにも使えませんから、それも含めて改善が求められますよね。休みとは、日ごろの疲れを癒し、新たな活力を蓄えるだけの中身が伴っての事やと私は思っているんですが、皆さんはどう思わはります。私のこの勝手な概念に照らして見た場合、果たして日本では満足のいく休暇が確保されているんでしょうかね。ヨーロッパではバカンスとして、日本のゴールデンウイークの倍以上の休みが夏場に用意されているようでして、各自がそれを有効に活用してはるようですから、我々日本人には羨ましい限りです。ただ、この休暇(先立つ物も含まれる)も決して与えられた物では有りません。それは、イギリスの産業革命からこっち、働く皆さんが団結して、その歴史の中で打ち立てて来はった物に他なりません。ですから、皆が有効に活用する術を身につけてはるんでしょうね。

「さぁ、我々日本人も」と、思うんですが、どうでしょう。どうも我々日本人には、「雇い主有っての我々。」「雇ってもらっている。」と、こう言う間隔が強いように思うんですが、皆さんどうです。そうは感じはりませんか。
 何はともあれ、これまでの歴史の中で、働く皆さんが築いて来はった雇用のルールでありますので、これからも働く者にとって、よりよいルールへとその改善をこつこつ目指して参りましょう。
 さて、昨日(9日)、先の町会選挙後初の臨時議会が開かれました。議員中最年長の松本史郎議員が仮議長になって議事が進められ、まずは、議長に今期6期目になる大植正議員が全員の推選で、仮議長の指名推薦により選ばれました。続いて、新議長の大植正議員の議事により副議長に、これまた全員の推選により、大植議長の指名推薦で今期2期目に入る松本史郎議員が選べれました。後、各自の所属委員会ですが、川西町議会には常任委員会は2つしか有りませんので、一期目の議員さん5人を2人と3人に、古手も3人と4人に割り振る事で皆の了承を得て、それぞれの希望に基づいて配置が割り振られました。詳細は次の通りです。(
http://www.k-shiba.jp/assembly_contents90.html)
 私は、今期(2011年度と2012年度)も厚生委員会への所属となりました。また、議会運営委員会にも所属する事となり、委員長を務める事となりました。正副両議長ならびに議運メンバーとも良く相談をして、川西町議会が活発に議論がなされ、住民の皆さんの付託に応えるに足る議会となるよう、その務めを果たして行きたいと思っております。皆さんの忌憚のないご意見・ご要望など、何なりとお聞かせ下さい。また、厚かましいお願いになりますが、ご指導ご鞭撻をいただきますようよろしくお願い申し上げます。











ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
 


川西町議会議員
芝 和也