活動報告

政権交代

 総選挙が終わりました。川西町での日本共産党の得票は、小選挙区で二七四票。比例代表で三三〇票をお寄せ頂きました。ご支援、本当にありがとうございました。結果、改選前と同数の九議席を得させて頂く事となりました。これまで同様この力をバネに、これから誕生する民主党を中心とする新しい政権に対して、皆さんの目線に立って、高校授業料の無償化や労働者派遣法の抜本改正、後期高齢者医療制度の撤廃など、一致できる点では、どんどん前へ進めて一日も早くそれらが実施されるように、建設的野党として頑張ります。

 選挙の開票番組を見ていて、「自民党が負けすぎて民主党が勝ちすぎた」と言うような話をそれなりに耳にしたんですが、それは、今の選挙制度の特徴だと思います。とにかく小選挙区は一番の人だけが当選する制度ですから、国民の世論や投票動向がすこし動けば、一気に議席の数が入れ替わると言う、今回のような結果に見事に現れる事になるのが、特徴です。だいたい三割程度の支持が有れば議席の上では八割近くを確保できるのがこの制度なんですから。だから、その弊害を補うべく比例代表制度が有るんですが、なんか、落選した人の復活用に定められているように思われている節もありますが、この制度が有るから民意を反映させることができるんですけど、この定数を八〇削ろうと言うのが、どうも民主党の思惑にはあるようです。こうした民意を打ち消す動きは、徹底して食い止めねばなりませんね。これからもどうぞよろしくお願いします。









ぜひ、ご意見・が感想をお聞かせ下さい。

町会議員 芝 和也