活動報告

全体の奉仕者

 いよいよ師走ですね。どちらさんも何かとあわただしい月になる事でしょうが、蔓延しているインフルエンザ等への備えはくれぐれも怠りなきように願います。

 さて、毎年十二月は川西町の定例議会が開かれます。今月三日の議会運営委員会で日程が協議されます。だいたい十日前後から一週間程度のようです。決まりましたら、このウエブサイトでもお知らせします。

 その前に、昨日、十一月三十日に臨時議会が招集されました。議案は、役場職員の給与の引き下げなどです。役場職員の給与については、今年の夏のボーナスを凍結したばかりですから、私は、今般の提案には反対しました。
 そもそも公務員の給与をどうするかは様々に議論のあるところですが、要は、住民の思いをしっかりと受け止め、意を汲んだ取り組みが出来ているかどうかが肝心です。こう言う点では、むしろ我々議員や町長など特別職の日頃の政治姿勢が問われているわけですから、引き下げは、町長や我々議員など特別職にとどめるべきで一般職員に課すものではないと言うのが私の思いであり、考えです。
 こうした政治判断こそ、全体の奉仕者として、その職務に情熱を燃やして住民の声に耳を傾け、それに応えるよう諸制度の拡充に新たな道を切り開き、住民生活の向上に資する方向につながる施策が生まれる事につながるものと確信します。
 私は、こうした観点から質疑と討論を行いました。結果は、職員給与の引き下げについては、賛成6反対5で可決してしまいましたが、私以外にも引き下げ反対の態度表明をする議員が4人あり、政治姿勢を問う視点が窺われました。









ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
町会議員 芝 和也