活動報告

川西民報

 大寒を過ぎましたが、依然、年末からの寒さが続いていますね。変わりありませんか。特に受験生の皆さんには、日ごろの成果を存分に発揮するためにも、体調管理が気になるところですが、くれぐれも怠りの有りませんように注意してくださいね。
 ここのところ、暖かい冬を過ごしていますので、今年のような低い目の気温がしばらく続きますと結構応えるものですね。この調子ですと今月はこのままの傾向で行くかも知れませんね。しばらくは、回復の兆しは無いかもわかりませんし、加えて、インフルエンザの流行が一気に増えているようですから、どちらさんもくれぐれも用心なさって下さいね。

 さて、今、皆さん方の手元へこの間の議会論戦を掲載しました川西民報をお届けしている最中なんですが。ちょっと作成に手間取った事もありまして、松が明けるまでに配布しきれませんでして、未だに、賀詞が入った物をそのままお配りしていると言う、何ともお恥ずかしい限りですが、一つご了承ください。

 中身は、この間、議会で可決している国や県への暮らしの向上を要請する意見書の紹介や、私が、議会で提案し掲げている政策等について、町長と議論を重ねて来ている内容と到達点を紹介させてもらっております。
 また、町政に対してご意見をお聞かせいただければと思いまして、一緒に、紙面の項目を起こしたアンケート用紙も添えさせてもらっておりますので、是非、皆さんの忌憚のないご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。
 既に頂戴しているご意見では、如何にして町づくりを進めるべきかでは、町長らとの懇談会等を自治会との間でもっと持つべきとの声が多く、住民の皆さんの意見を反映させるこうした場を持つべきとの意向が共通した意見になっています。
 また、くらしの問題では、ワクチン接種への助成制度など、医療制度の拡充を望んでおられる声が共通して寄せられています。負担の有無や度合い、接種の方法についての意見は様々に分かれますが、何れにしても制度の充実を求めておられるのが一つの特徴です。くらしの問題全般にはいろいろあっても、医療の確保は欠かせないとされる意見が多く、こうした結果に表れているように窺われます。
 それから、町内を結ぶ地域交通の立ち上げについては、提案しているデマンド交通の必要性を求める声が多く寄せられています。特に老若男女を問わず、移動手段を持たない皆さんに共通して求める声が集中しています。また、これは私も含めての事ですが、提案し立ち上げようとしているデマンドタクシーなどの地域交通システムについて、もっと周知して行かない事には、アンケートから読み取れるのは、まだ、多くの皆さんがこのシステムについて十分に認知されていな事も窺えます。
 国の政治が生みだしている今日の閉塞感ですが、それだけに、自治体として何をなすべきかは住民みんなで知恵を出し合い考えていく問題ですし、そうであるだけに、町づくりにつながる意見を出し合える場がますます必要になるものと思います。
 皆さんのご意見に基づいて町政が住民の皆さんの意に添い、願いに応える、身近で役立つものとして発展していくように頑張ります。今後とも変わらぬご支持ご支援、より一層のお力添えをお寄せいただきますよう、どうぞよろしくお願いします。











ぜひ、ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。
 
川西町議会議員
芝 和也